ソウルの旅 ー広蔵市場(クアンジャン シジャン)

 私が韓国にきて一番食べたかったのは、韓国ののり巻きでした。
前にテレビでみて、美味しそうでいつか韓国に行ってキムパプ(のり巻き)を食べたいとずっと思っていたのです。

そこで、朝起きると1905年にできた広蔵市場にでかけました。
ソウルで一番古い市場だそうです。


ホテルから地下鉄の駅まで5分くらい歩きます。
c0137641_19452856.jpg

切符の自動販売機。
指でほしいものを押します。
手前のは切符。カードになっていて、切符を買うときに500ウォン(39円くらい)多く払い、出た所で専用の払い戻し機で500ウォンを返してもらいます。
紙の切符はただすてなければならないので、これは少し手間がかかるけれど、いい考えだなと思いました。


c0137641_19472514.jpg

地下鉄の構内です。
これはまだ電車がきていないとき。
電車がホームに入ってきたら、乗り口の前のドアがひらきます。


c0137641_19491871.jpg



c0137641_19494627.jpg

地下鉄の中。


c0137641_19503817.jpg

駅を降りたらすぐに市場の入り口がありました。
狸小路のように、屋根がずっと続いています。



c0137641_201311.jpg

まずは朝ご飯。
ピンデトックという緑豆の粉で作ったおやきです。
いろいろな食べ物を試したいので、3人で一枚。
ハナ オルマエヨ。(ひとつおいくらですか?)
ハナ ジュセヨ。(ひとつ ください)
c0137641_15135044.jpg

これで直径20センチくらい。
2000ウォン。(152円)
うん!表面がこんがりしていて、おいしいが少し味がうすいかも。
と、思っていたら、おとなりに座っていらしたおじさまが、身振り手振りで
「皿の中のたれをつけて食べてみなさい」と教えてくださいました。
このお皿、あまりにもたまねぎがごろごろしているので、たまねぎのお漬け物かと思っていたのです。さっそくつけて食べてみる。
c0137641_15462915.jpg

う〜ん!おいしい!
「マシッソヨ!」と3人で口々におじさまにお礼をいうと、
親指をたてて、深くうなずかれました。
ほんとにおいしい。私は韓国にきて、うまれてはじめて生のたまねぎってこんなに甘くておいしいものか、と思いました。
「穴」というアメリカの児童文学に出てきた命を救うたまねぎは、きっとこんな味だったのだと思いました。
c0137641_15204697.jpg

緑豆は、この石臼ですりつぶして、ただちにピンデトックになります。
おいしいはずです。




c0137641_15241967.jpg

キムチやさん。
ここでエゴマの葉のキムチを買いました。
いろんなキムチがあって味見をさせていただけました。


c0137641_15253031.jpg

かにがそのままキムチになっているものもある。

c0137641_15275849.jpg

ここにあつあつの白いご飯をお茶碗にもってきて、いろいろのせてわしわしと食べたらどんなに幸せでしょうか!





c0137641_15294950.jpg

真ん中のプレゼントみたいなのは、還暦や、結婚式などのお祝いに使われるお菓子の見本。
ひとつ100000ウォン(7633円)くらいだそうです。


c0137641_15321190.jpg

市場の中にはこんな道も。
入っていくと、きっと幼稚園のころの私がいそうな気がしてとてもなつかしい。



c0137641_15331146.jpg

食器やさん。
スッカラという韓国のおさじを買いました。
サジヌル チゴド トゥエヨ(写真を撮ってもいいですか?)と伺って写真をとっていましたら、
ご主人が私の肩をとんとんと叩かれて「わたしもとりなさい」って。
そこで撮らせていただいたのが下の写真です。


c0137641_1538836.jpg

カムサハムニダ!


3人でピンデトックだけではまだまだお腹はいっぱいにならないので、
c0137641_1539381.jpg

やはり屋台で、キムパプ(のり巻き)、
c0137641_15553172.jpg

チョッパル(豚の皮や足をゆでたもの)をいただきます。
夫はこんなの食べるとビール飲みたくなるなあ、と言って、お店の女の人もそれがすぐおわかりになったのかビール?と笑って出してくださいました。
c0137641_1554367.jpg

ビールをたのんだら、これが出てきた。







c0137641_154513.jpg



c0137641_15452341.jpg



c0137641_15454327.jpg


手芸屋さんもありました。
c0137641_15482039.jpg


私はちいさな手作りのとりのボタンを買いました。
c0137641_15495768.jpg



c0137641_15504595.jpg

さなぎの煮たの。


c0137641_15513847.jpg

チマチョゴリやさん。ウエディングドレスもありました。


c0137641_15522963.jpg

チマチョゴリのための靴。先っぽがつん!としていてとても可愛らしいのです。






市場は昔見た夢のようなとてもなつかしい場所でした。

c0137641_15432124.jpg





明日はキョンボックン(昔の王宮とその秘密)と、おいしいサムゲタンの晩ご飯のことを書きます。


アンニョン!
[PR]
Commented by Noël at 2010-06-26 19:51 x
見ているだけですごく元気になります!
活気に溢れていてすごく韓国に行きたくなりました。
チマチョゴリきれいで大好きです。
Commented by forest_garden at 2010-06-26 20:58
チマチョゴリ、きれいでした。
韓国、3時間かからないで行けるし、なんだか外国に行った気が今もしません。
私が出雲に行っても結局地元のひとが話してる言葉、わからないことがあるんです。そんなかんじでした。
食べ物、おいしいよ!

by forest_garden | 2010-06-26 13:13 | Comments(2)

森のひみつと雨上がりの庭


by forest_garden
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30