こんなのいるかな ふたたび

 久しぶりのこんなのいるかな、です。

いるひと、いるかなあ。


ジム・トンプソンのランチョンマットと、ナプキンの四枚組セット。
マットもナプキンも、もちろんシルク100%です。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。


マットの織りはこんなです。
c0137641_1330156.jpg



ナプキンにはジム・トンプソンの名前が刺繍してあります。
c0137641_13311811.jpg

未使用です。




c0137641_13314727.jpg

グルーガン。
電気でプラスチックのろうみたいなものを溶かし、ふたつのものをくっつけることができます。
グルーの補充も一緒にどうぞ。




c0137641_13331514.jpg

庭仕事用ニーパッド。


c0137641_13334542.jpg

マジックテープで装着します。
裏にはもっとクッションのようなものが必要なひとのために、ポケットがついていて、入れることができます。
未使用です。





c0137641_13345970.jpg

かばのウィリアム君。
メトロポリタンミュージアムのスーベニールショップのお土産です。
遠いメソポタミアの出土品のレプリカです。



c0137641_13365596.jpg

とてもきれいなパピルスの模様がついています。
陶製。
親子はなれずもらってくださるかたに。

ありがとうございました。親子はなれずに桜のきれいな公園のそばのおうちに行くことになりました。




c0137641_13375243.jpg

またまたジム・トンプソンのネクタイ。



c0137641_13384469.jpg

格子柄にみえて線はちゃんと、象の模様でできています。
未使用。



c0137641_13394671.jpg

サキソフォンがくるくる廻るオルゴール。
写真もたてられます。
プラスチック製。
未使用です。



もしお入り用のものがありましたら。
我が家までとりにいらっしゃれるかた、送料着払いでお送りできるかたに。

コメント欄に、非公開コメントでご連絡くださいませ。
先着順です。






友人のおじょうさん、アヤナちゃんの家庭教師でいらしたかたが、主催する講演会のお知らせです。
アヤナちゃんのお母さま、キョウコさんができることをと、冷たい雨の中、ちらしとポスターを我が家に持ってきてくださいました。

<国際医療協力と地域医療〜医療から日本を考える〜>
川原尚行さん(医師、認定NPO法人ロシナンテス理事長)

6月12日 水曜日 18時半から20時まで。
場所 北海道大学クラーク会館 講堂
   札幌市北区北9条西9丁目
参加費 一般・大学生 500円
    高校生以下 無料

収益はロシナンテスに寄付されます。

スーダンと東日本大震災の被災地で医療活動や復興支援に尽力する一人の医師がその思いを語る。


c0137641_13533339.jpg


お時間の許すかたはぜひ。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-29 13:48 | Comments(5)

庭の計画

 友人のキョウコサンの仕事場のお庭の植栽を一緒に考えて、とおたのまれして、
凍てつく雨の中、苗やさんに行ってきました。

c0137641_14561218.jpg

この縦2.5m、横4mの楕円形の場所をきれいなお庭にしたいんです。


キョウコサンの運転する車にのって、隣町の大きな苗やさんに行ってきました。
冷たい雨のなか、お店のかたがたは黄色いかっぱを着て
熱心に作業していらっしゃいます。
お仕事とはいえ、キョウコサンも苗やさんたちもえらいなあ。

わたしは、強い雨の日は、ヘザツィのお散歩もうんと短くするんです。


予算が限られているし、でも他のところとは明らかに違うかんじにしたいし。


c0137641_14593246.jpg

原寸大にテープをはって、部屋の中にお庭を作ります。
真ん中の段ボールはトウヒのつもり。
白い長四角は、枕木のつもり。
お花の色は折り紙で。
すぐにイメージできるように。


c0137641_1514660.jpg

ほらほらツィ、しろたえぎくを蹴飛ばしちゃったよ!



できるだけ、予算を少なく。
でも可愛らしく。
庭の計画は楽しいです。




我が家の庭も工事でたいへんなことになったままです。
工事のために抜いてしまった花や、枯れてしまった花のためにも、ゆっくりじっくり考えて
すこしずつやっていこうと思っています。


今日は庭の柵のことを考えました。
ホームセンターに下見に行って、プランと予算立てをしました。

c0137641_158493.jpg

夫が作ってくれるのです。
わたしは、防腐と色塗りをします。
お天気のいい日に。
楽しみです。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-28 15:08 | Comments(4)

表札作り

 去年の秋にリフォームしてから、我が家には表札がありませんでした。
古い家のものは、わたしたちが結婚式をあげた出雲大社からいただいたものでしたが、古くなったのと、なんだか新しい家のかんじに似合わないと思ったので、はずして、でも大切にとってあります。

春になって、雪もとけて、以前から構想を練っていた表札作りをいたしました。

表札になるのは、洗面台になった古い机の洗面ボールを入れるために切り取った部分。
大工さんが塀を作って下さったときに、お願いして、うしろには、塀にかけるための穴をあけていただいてあります。


必要なものは、目地剤、木工用ボンド、竹くし、おはじき。


c0137641_11484326.jpg




c0137641_1150557.jpg

想像していたのより、なかなか大変。




c0137641_11513488.jpg

まがっているような。


「自分で作るんかい。なかなかいいんでないの!」と
おっしゃって、穴をあけてくださった大工さん。

思ったようにできませんでした。
きれいな仕事、って難しいものなんだな。



ほんとうに気にいった表札を思いつくまで、こどもの粘土細工みたいなんだけれど、これで暮らしていこうと思います。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-27 11:55 | Comments(2)

春がきました。

 ほんとうに来るのか?と疑われていた春がとうとう札幌にもやってきました。
疑ってごめん。春。


c0137641_1924090.jpg

へーちゃんのそばにあるのは、ふきのとうたち。


c0137641_19244665.jpg

水仙の芽。
このあと、ツィは水仙たちをぎゅっとふんづけました。
だめ!ツィ。水仙の赤ちゃんだよ!
ゆっくり水仙の芽から離れるツィ。
麦じゃないんだから。

土の匂いが嬉しいツィです。


c0137641_19272263.jpg

でもところどころ雪がまだ残っています。
ヘザーとツィがあるくこの左側の白い柵は、坂にたっているからナナメなのではありません。
冬中、柵のわきにある川に、雪かきをして出た大量の雪がすてられるので、その重さでこんなにナナメになってしまうんです。



c0137641_19302248.jpg

空は青くて、コートを着てコーデュロイの帽子をかぶっていると汗ばむほど。

ヘザーもツィも雪の上を歩くのと違って、ぐいぐいぐいぐいリードをひっぱって歩きます。
足の裏が冷たくないからだね。




今日のお買い物メモもそう思ってみると春らしい。
冬も好きだけれど、今年は特に春がきて、ほんとうに嬉しいです。


c0137641_19335074.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2013-04-23 19:34 | Comments(4)

4月のはじめに

 
c0137641_13371340.jpg

に、行ってまいりました。


入園準備のお手伝いをしたので、お招きを受けたのです。


c0137641_13414997.jpg

forestさんがつくってくれたもの、ここにかけてあるんだよ、って教えてくれているところ。



c0137641_13432160.jpg

ちいさな木で作られた玄関を入ったら、こんなにきれいに飾られていました。



c0137641_13452715.jpg

ちいさな靴たち。



c0137641_13481925.jpg

ちいさな手洗い場。


入園式がはじまると、
お母さんを探してわんわん泣いてしまう子、
指を吸っている子、
にこにこ笑ってとてもうれしそうな子!
とても緊張して、じっと前をみている子。

みんな新しい環境にどきどきしています。
でも、大丈夫。
大丈夫なんだよ。


ムスメたちがもう大きくなって、わたしたちの手をどんどん離れて、
おさない子どもと暮らしたころが夫も私もなつかしいです。
でも、こんな可愛らしい場所にいることが与えられて、私は幸せでした。



今週は、大切なともだち礼子さんのおじょうさんかすみちゃんに二人目の赤ちゃんが産まれて
そのお祝いにと、ちいさなお洋服に刺繍をしました。
あかちゃんのお名前は、萌葉子ちゃんとかいて、もよこちゃんと読みます。
なんてすてきなお名前でしょうか。

c0137641_144948.jpg



うしろには、おむつを換えるおおきなポッケが。
c0137641_145468.jpg






c0137641_1455515.jpg

たくさんいろいろなことがあるけれど、こうしてこどもたちは、すくすくと大きくなっていく。

それぞれの春を迎えたこどもたちに、暖かく明るい未来が待っていますように。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-17 14:11 | Comments(2)

さいきんわたしは

 こんな本を読んでいます。

c0137641_16513364.jpg



足もみ力、と もう一度高校数学。

元気回復。身体がみるみる改善。克服できない病はない、という本。
一緒に、木でできた指圧棒のようなものも購入して、毎日足の裏を押しています。
痛いけれど、ほんとになんだか身体の調子がいいんです。
足がいつも冷えていたのが、ぽかぽかになり、朝すぐに起きられずぐずぐずしていたのが、すっとベッドから離れられるようになりました。
続けていこうと思っています。



数学の本は、ムスメが浪人生活に入り、私もムスメと一緒に勉強しよう。最も苦手だった数学にがんばろうと思って買ってみました。
でも1ページめからちんぷんかんぷん。

自然数、整数、分数、有限小数、循環小数、有理数、無理数、実数、虚数、複素数。
止まるえんぴつ。
わたしの目はぼんやりと宙をみてしまいます。

中学一年生の教科書からはじめたほうがいいね。
どなたか中学校の教科書をお下がりしてくださるかたはいらっしゃいませんでしょうか。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-15 17:01 | Comments(2)

雪がとけると何になる?

 雪がとけると春になります。

ただ今年はたくさんの雪がふったせいか、まだまだ道路に雪がいっぱいつもっています。


c0137641_17381557.jpg

けれども日差しは春。
この赤い服は、寒いから着ているのではないんです。
雪解けの水たまりの中を歩くので、お腹や足が泥水でぬれて、歩いているうちに冷えてしまうからです。
帰ってから、足を洗って、この服も洗うと、土や砂がたくさん洗面ボウルにたまって驚くほど。

今日はひさしぶりに札幌ドームの広い丘に行きました。
ちょっとだけリードをはなして、自由に走るともう嬉しくて嬉しくてツィは大笑い。
ヘザーは遠くに行くと、私の声がきこえないから戻ってこなくて、やはりリードをつけました。
でもおひさまの光の中、雪の中から出ている土の匂いをじっくりかいで、とても満足そうでした。

暮れの体調の悪かったツィのことを考えると、夢のようで。とても幸福でした。




浪人生活に入ったムスメは、まず体力づくり!ということで、きれいな色のジョギングウエアを買ってもらえました。
これを着て、毎朝夫と走っています。


c0137641_17462100.jpg

筋肉痛がつらい、つらい。
私は、ムスメの痛むももとふくらはぎを時々ぎゅっと掴んで「やめてよぅ」と弱らせております。
そんなことが面白いって変かしら。



c0137641_17514491.jpg

お昼間は暖かくても、夕方になるとこうして雪がふってきたり。

今日口座を作るために、下のムスメが銀行へ行ってきました。
「窓口で学生さんですか?ってきかれて。いいえ、って言った。
無職だもんねえ!わたし」

よかったねえ、無職でも、お父さんが、こうして寝るところもくれて、食べる物も心配がないし!


「ホントだ」


c0137641_1755593.jpg

そんなはなしをしながら、それぞれ好きなあじのティーバッグを選んで、お茶を飲みました。
先日東京へお嫁にいらっしゃることになった友人のおじょうさんが下さったティーバッグです。

まだまだムスメとゆっくりこうして過ごせることになって、
私はじんわり嬉しいです。
[PR]
# by forest_garden | 2013-04-02 17:49 | Comments(0)

もういちねんがんばって

 来年、下のムスメはもう一度、大学受験することを決めました。

長い人生のたったの一年、と大人は考えますが
まあ、本人はたくさんつらかったと思います。

でもものごとには、なんにでも理由があるし、
そこから学んだいろんな経験を、生きていく糧にしていくことが人生の醍醐味。

さまざまな言葉を、たくさんのかたにかけていただいて、
もうそこからもいろんなことを学んだようです。
傷ついた人に寄り添う言葉、
まなざしや、態度。
なんて大切な勉強でしょう。


c0137641_1572994.jpg

今日はもうすぐ山形の大学にいくちいちゃんと一日すごします。
二階からは、笑い声がきこえてくる。
ここ何日か、まゆと目の間がうんと狭くなっていたようなムスメの表情も晴れ晴れさん。

ちいちゃんは、何もなんにも言いません。
だまってムスメのそばにいて、
どちらかが何か言うともう一方がちいさな声で返事をします。
おいしいね、
おいしいね、

この爪をみて、割れてる。
いつもそうなっちゃうんだよね、
なんて話して、
お昼ご飯に降りてきたときは、ムスメの爪は夜空の色のマニキュアに塗られていました。


ちいちゃんさまさま。ありがとう。




c0137641_15124620.jpg

アタゴオルに出てくる猫の目時計みたいな薪。
もやしてみたら



c0137641_1513439.jpg

白いけむりが青い空に向かってのぼっていきました。
こんくらべ。
なんてね。




When life gives you lemons, make lemonade.
ーもし、人生がレモンみたいに酸っぱくっても、そこから美味しいレモネードを作ろうよ


つくったるぜ!
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-25 15:14 | Comments(0)

独身気分

 ムスメたちは日曜日からディズニーランドに行って、今日帰ってきます。
前から高校を卒業する春にはディズニーランドにいきたいんだけど、と言っていたムスメです。

夫といえば、きのうから千葉に出張。
ゆうべ、私はヘザーとツィと3人でした。

ゆうべの晩ご飯は今川焼をもぐもぐ食べながらDVDで映画鑑賞。
歯をみがいて9時にねました。
ときにはいいよね。

夫とムスメたちは、表参道で待ち合わせて3人でとんかつ屋さんで晩ご飯でした。
食事中のムスメたちの写真をメールで送ってくれて、元気そうで安心して。
じゃあ明日、って二人と表参道の駅で別れたって。
ゆうべムスメたちは渋谷のホテル、夫は幕張のホテルに泊まったのです。

東京の真ん中でじゃあねって、二人と別れたってなんだか不思議ね。
大人になったんだね。
夜夫と電話で話しました。

友人のおこさんたちの新しい未来へのたびだちを嬉しい気持ちできく春です。

喜びもいたみも丁寧に感じて、自分のものとしていってほしい。
自分をたのみにして、生きていってほしい、なんて、まだまだ自分をたのみにできない私が思います。

そんなわたしにこの春は、
こどもたちの喜びがおおきくおおきくうれしいばかりです。




c0137641_11191984.jpg

モーゼみたいに車が雪解け水をかきわけて道路を進んでいましたが、今日はまた雪がふるみたい。
春への準備はすっかりできているのにねえ。
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-20 11:20 | Comments(2)

薪の生活

 もう3月。
薪ストーブをたくのも、もうあと少しです。
一冬、薪ストーブの暮らしをしてみての感想は
とってもいい!です。
暖かい。
燃える音がいい。
灯油ストーブより空気が乾燥しない。
そして、なんといっても火をみているだけで最高。
心の底から満足満足。
これ以上の暖房器具があるのか?!あったら、出てこい!きっちり勝負したる!(椎名誠風に)というくらいのかんじです。

調子にのったわたしたちは、嬉しくて楽しくて、一冬9立方メートルの薪ですむはずが10立方メートル消費してしまいましたのだ。
リフォームのおかげで、お天気のいい日の日中はストーブをたかなくてもいいくらいなんです。
まあ、この経験を来年にいかします。


外は凍って雪がふっているのに、家の中にはちいさな蛾や羽虫がときどき飛んでいます。
薪の中で越冬していた卵が、お茶の間の暖かさに春とまちがえて孵ったのだと思う。
本を読んでいるとライトのところに急にとんできて、おどろくこともしばしばです。

薪にもいろいろな木があるから、灰がたくさん出るもの、すぐ燃えてしまうもの、いろいろです。
ナラの薪はやはり薪界のロールスロイス。じっくり美しい炎で燃えて、灰がほとんどでません。
持つと持ち重りがします。


私はふしがあって、まがっている薪が好きです。
どんなふうにまがっているか、ストーブに入れる前にその節や縦からみた年輪をじっとみます。
燃えるときはどの部分から火がつくかと、観察します。
何年も生きてきた木を燃やさせてもらって元気に冬を暮らしました。

森をみると今まではその全体を感じていましたが、最近はこんなに美しい木々が薪になってくれてありがとう、というふうに思うようになりました。





c0137641_650093.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2013-03-17 06:50 | Comments(0)

ツィ 歌う!

 久しぶりに、ツィの歌声。

c0137641_7263611.jpg


嵐の曲に合わせて歌っております。


嬉しかったです。



札幌は春の雪。
そんなに寒くありません。
みなさまも
よい週末を!
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-16 07:28 | Comments(0)

アーアーの帰還

 胸がつまって、ものすごく嬉しくなったyou tubeです。






ぬいぐるみは愛されて、生きてる!というかんじになるときがある。
それはとても幸福な感情です。


ムスメのぬいぐるみたち。


c0137641_973685.jpg

左から、ムッチー。バムセ。トヨシマサン。
ムッチーもサンタさんにクリスマスにいただきました。
バムセは、ドイツのぬいぐるみがとても素敵であこがれで、そのころドイツにお住まいだった友人のみちよちゃんにお願いして送っていただきました。
トヨシマサンには♪ぼくのなまえは〜とよしまじろう〜♪というテーマソングもあるのだ。


c0137641_9105436.jpg

左からチェルシーとジョン。
チェルシーは、ロンドンのチェルシーのユーゴスラビア難民のためのチャリティーショップで出会いました。ひとめみてムスメはチェルシーがすきになりました。
もうそのときからチェルシーは生きて、お店に入ってきたわたしたちをみつめていたのです。
ジョンもクリスマスにサンタさんが持ってきて下さいました。


c0137641_9142167.jpg

オリビアです。
オリビアは、スウェーデン映画のロッタちゃんシリーズに出てくるぶたのぬいぐるみを真似して作りました。DVDを何度も何度も再生して、スケッチをして型紙をかき私が作りました。
ピンク色が汚れやすいので、いやがるムスメを説得してお洗濯をしましたが、起きているときも眠っているときも抱きしめているので、ぼろぼろになってしまい、あまっていた生地でつくりなおしたのです。
以前のぼろぼろになったオリビアはたたんでこの中に、魂みたいにして入っています。
目は木のビーズ。初代オリビアのものをまたつけました。




ほんとうは私にも大事なぬいぐるみがあります。

c0137641_92165.jpg

はなちゃんと、もっこです。
はなちゃんは、大昔東京に住んだばかりのころ、なんだかとっても淋しい気持ちだったとき、池袋西武デパートのリバティのお店で買ったのです。
リバティは札幌になくて、生地のプリントの美しさにうっとりして、私はいつも行っては、ずっとながめておりました。
ほんとに私をだまってなぐさめてくれたはなちゃんありがとう。
はなちゃんは最初はリバティプリントの可愛いお花柄のお洋服を着ていたんです。
でもやぶれてしまって、そのときはまだ元気だった母が、わたしのブラウスの余り布で、このお洋服を作ってくれたのでした。


もっこは、私が生まれたときに母方の祖母が編んでくれたものです。
今はグレイですが、最初はきっと真っ白だったと思う。
もっこというなまえは、祖父母の家にいたスピッツの名前でした。
はなちゃんともっこは、いつもとなりでこうしています。


世界中で、家族や恋人にももしかしたら言えないつらさや哀しみを、ぬいぐるみはきいてくれているんだと思います。
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-15 09:04 | Comments(0)

ちいさいひとたちの支度

 ツィのことがいろいろあって、ずっと誰かが家にいるようにしておりましたが、
ほとんどそれは私と下のムスメの役割でした。

映画をかりてきて2人でみたり、お裁縫をしたり。

お裁縫はこれです。


c0137641_9251730.jpg

4月から年少さんに入園する友人のおじょうさんのお道具作りです。
上に今度3年生の男の子、1年生の男の子、下に1歳の女の子がいる4人兄弟。
お母さんはとてもお忙しいんです。
そこで喜んで嬉しく作らせていただきました。


すると、今度1年生のおにいちゃんの給食セットも、ということに!
リクエストはポケモン。好きな色はブルー。
近所のスーパーマーケットの手芸屋さんに行って
ポケモンの生地を60センチ買ってきました。
家にあった青いチェックの布をあわせよう。


c0137641_9352859.jpg

エプロンと三角巾、ランチョンマットとそれらを入れる巾着袋を作ります。

こんなふうに可愛らしく楽しい仕事つきの
とても幸せな看病生活だったのでした。



今日札幌は青空です。
みなさまにもたくさんのいいことがありますように!
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-14 09:34 | Comments(0)

みんな元気にしております

 ご無沙汰いたしております。

わたしたちは、みんな元気に暮らしております。

いやはや今年は雪の多い年でした。
今、その大量にふりつもった雪がとけはじめ、ちょうどよくシロップが混じったかき氷が、空から道路にどーんとたくさん落とされたみたいになって、長靴で歩くのもちょっと大変。
ヘザーは、おさんぽのときかき氷の中を歩くので、関節が痛みそうでかわいそうです。
でも春がもうすぐやってくるね!という気持ちです。


ツィの目も回復してきました。
どうやらてんかん発作のせいでの一時的なものだったのかもしれません。
うれしいです。
またいろいろなことがあるだろうが、一緒に大切に暮らしていきます。


この間、我が家にいらしたかたは、北海道大学を前期試験、後期試験と受け、不合格でした。でも、3月の28日の朝、北海道大学からお電話があり
「補欠合格の対象になられましたが、入学を希望しますか?」と言われたそうです。
「します!希望します!」って。


いろいろなことがあるけれど、人生は素晴らしいです。



c0137641_1410943.jpg

ツィードは最近、このようにソファの背もたれに登ってあたりを観察しています。

チェシャ猫みたいにね。
[PR]
# by forest_garden | 2013-03-13 14:12 | Comments(2)

入学試験

 今日は、下のムスメの入試の日です。

青空がでっかく広がり、気持ちもせいせいするような朝。

親元をはなれてホテルに泊まり、コンビニで買ったお弁当に力をもらって受験している子もいるでしょう。

この今、すべての受験生に、光があたっていますように。







 
[PR]
# by forest_garden | 2013-02-25 12:14 | Comments(2)

4コマまんが

 引っ越し前からしなくてはしなくては、と思いながらできていなかった写真整理を先日いたしました。

そのなかに、かわいらしく面白い連続写真があったので、のせますね。


雪の日に外遊びをしていたときのムスメたちの写真です。


c0137641_21131625.jpg


写真とるよ!こっちみて!


c0137641_21144874.jpg








c0137641_21152481.jpg

あっ!




c0137641_2117961.jpg

えっへっへっ〜!





おもしろいよ。この順番でみてごらん、と言ったら
下のムスメだけは笑いませんでした。
「いもうとはいつもこうしていじめられるんだ」
と哀しい怒りが再燃。


お姉さんってどこの家でもいもうとをいじめるのかな。

許せ。いもうとよ。
と、お姉さんだった私は心の中であやまりました。
[PR]
# by forest_garden | 2013-02-22 21:21 | Comments(6)

あやしいお薬屋

 去年の暮れに手術するまでの11年間、ツィはずっと抗てんかん薬のフェノバールというお薬を飲んでいました。
肝硬変がわかってからは肝臓に負担が少ない薬、ゾニサミドにお薬が変わりました。
(ゾニサミドって、なんだか怖いかんじのする名前なんですけれど肝臓にはいいんです)

けれども薬がかわると、獣医さんからいただくお薬代も上がって、1ヶ月2万円近くになってしまいました。
う〜ん!とうなって、夫がインターネットでアメリカのお薬を個人輸入する方法をみつけました。
そしたら1ヶ月ぶんが送料などをいれても、だいたい4000円ですむことに。
よかった!


このアメリカの薬やさん、お安いのはいいのですが、
入ってくるちらしが、ゴージャスな下着の女の子がこっちをみてうっふん!としているのとかなんです。
バイアグラなども扱っているからだと思うんだけど。
でも・・・。




c0137641_12481897.jpg

ちらしの他に、ガーターベルトを使わなければいけないストッキングのおまけも毎回!

会社の名前も実はちょっとHっぽい。
届けてくれるDHLのお兄さんが、なんだか、にやにやなさっているようにみえるのは気のせいか!?




もうすぐ春。
たくさんのいいことがみんなにありますように。
[PR]
# by forest_garden | 2013-02-21 12:52 | Comments(0)

サルバトーレ・クオモのみたいな

 ピッツァが家で食べられたらどんなに素敵だろうと思っていました。

それで、先日家にきたピッツアパンとその取っ手。

c0137641_1512651.jpg


薪で焼いたピッツァ。
嬉しくてどきどきします。

c0137641_1523893.jpg

生地をこねてのして


c0137641_1541855.jpg

ピッツア・パンにのせます。
このパンは南部鉄器でできているメイドインジャパン。
それも嬉しい気持ちです。
いつものピザ用チーズじゃなくて、モッツアレッラを奮発したんだ。


c0137641_1554291.jpg

五徳をセット!
この五徳は古い家の炉を切った和室にあって、薪ストーブのあるおともだちに「いらないかい?」ときいたら「forestさん、これね。ピザとか焼くときにとっておいたほうがいいとおもう」と言われてはっ!とした五徳です。
とっておいてよかった!ありがとう!アムちゃん!


c0137641_158393.jpg

熾火オーケー!

ピッツァ装填します!


c0137641_15101027.jpg

装填!



c0137641_1511820.jpg

焼けてる!
どんどん焼けてる!
あっという間です。
3分くらいでピッツァにはいい色がついて、モッツアレッラもとろりと溶けて
やはりあっという間にわたしたちのお腹の中へ。


あー!
サルバトーレ・クオモでした!
こんなピッツァが家で食べられてこんな幸せはないね、と話しながらどんどん焼いてにこにこしながら食べました。
我が家にいらしてくださったかた、薪ストーブに火が入っている3月いっぱいは多分サルバトーレごはん。
お待ちいたしております。






ツィの目がみえなくなったかも、と思ってから1週間がたちます。
いいこともあるけれど、つらいこともある。
でも愛で心をいっぱいにして暮らしております。



c0137641_15181567.jpg

発作のときはこのように夫がふとんをしいて、夜中も眠れないツィとおります。
朝になって、夫がでかけて、夫のおふとんで、うとうとするツィ。
不思議な気がするんだけど、いつもお日さまが目にあたるように、こうして横になっています。
目がつらくて、お日さまの光が気持ちいいのかもしれないと思います。

お日さま、ツィの痛みにあたたかい力をありがとうございます。
ツィの生きる力がこれからもお日さまとともにありますように。
[PR]
# by forest_garden | 2013-02-20 15:25 | Comments(10)

セラピードッグとストレス解消パンダ

 きっと今日でお正月気分も終わり、明日からまたふつうの日がはじまります。
わたしたちも元気に穏やかにお正月をすごすことができました。
夫は元旦から出雲の母のところに行き(小学校の同窓会出席と親孝行のためです)今日の夜帰ってきます。

お散歩のとき、こっちをみて“あそぼう!あそぼう!”という子犬にさえ
ウー!とうなることのある、ちょっと恥ずかしいツィですがヘザーと一緒に、お正月一緒にすごした父と母、私たちのよいクッション役になってくれました。
可愛かったり、甘えてきたりで父も嬉しかったようです。
ツィの体調も戻って、暖かい家で、洗面所もトイレも車椅子用になっていましたので、母にとっても私にとってもよかったのでした。
ありがたいことです。

でも母のちょっとしたわがままに、うーんとうなってちょっと辛いときもあった私。
たった1週間なのにね。
父はすごい。何年もご飯も作って雪かきもして、母をリハビリに整骨院に病院につれていき、トイレの介護もして。
「お父さんにうんとありがとうって言うといいよ」と旭川に帰る母に言ったけれど、言っているかなあ。


介護がちょっとつらいあなたにぜひこの映像を。
エジプトのチーズ会社のCM。






c0137641_10174851.jpg

父は「ありがとう。すっかり楽ができた」と言って吹雪の中、車椅子と母をのせて帰っていきました。

ムスメたちは、なにかたのむと二つ返事で手伝ってくれました。

ツィもヘザーもおさんぽに行って、私に外の冷たくてきれいな空気を、吸わせてくれました。




いろいろなことを感じて考えて、私が賢くやさしくなり、家族みんなが笑顔でいられますように。
かみさまが知恵と力をわたしに下さいますように。
[PR]
# by forest_garden | 2013-01-06 10:26 | Comments(3)

あけましておめでとうございます

 新しい年があけて、私もなんだか新しい気持ちでおります。

c0137641_7384772.jpg



c0137641_7395238.jpg

今年も四人兄弟なかよくね。
誰かが足で手をつないでる!こらこら!


c0137641_7405857.jpg

元旦のお散歩の空には、ぐいぐい行く元気なかんじの雲が!


c0137641_7391638.jpg

新年の光。


みなさまにとって、
世界中のひとたちにとって、2013年が幸福にあふれた年になりますように。
ご多幸をお祈りいたします。
[PR]
# by forest_garden | 2013-01-03 07:44 | Comments(0)

東日本大震災のあと保護されている犬やねこたちのために

 東日本大震災のあと、飼い主とはぐれたり、そのまま飼い主が迎えにいけずにいる犬や猫たちを保護なさっているところに、ペットフードや、おしっこシーツをアマゾンのサイトから送ることができます。
ふんばろう東日本プロジェクト動物班

みんなで
いっしょに
よい年を迎えたい。



c0137641_14221923.jpg


ヘザーのベッドに寒い空気が入ってくるようになったので、段ボールをついたてみたいにして置きました。そうしたら、ちょっと寒くなくなったようです。
ヘザーは、お正月にもらうはずのお年玉を“ふんばろう東日本プロジェクト動物班”に使いました。
もう自分はお腹いっぱい食べているからって。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-29 14:28 | Comments(0)

今日の晩ごはんは。

 クリスマスプレゼントにもらったおなべで、大きなキャベツを煮ます。

まずはソース作り。

c0137641_1914961.jpg

にんにくとトマトとワインとたまねぎをストーブの上に置きます。

ストーブの上でソースが煮えている間に、
c0137641_1917055.jpg

キャベツをまるごとゆでて、
中にパン粉や卵とお肉をまぜたものを入れて元のかたちに戻します。
ベーコンをのせて、たこ糸でしばって、ソースの上にのせて
オーブンに入れて、うさぎさんの蓋をして、1時間30分。

できたかな。

c0137641_1921689.jpg

どきどき。



c0137641_1923324.jpg

できた!
美味しそう!



c0137641_1924170.jpg

大きなキャベツだけ取り出して、ソースを煮詰めます。

c0137641_19264278.jpg

ケーキみたいに切ってソースをかけて



c0137641_1926419.jpg

いただきま〜す!



わたしは、この大きなキャベツを、いつもステンレスのボウルにアルミフォイルをかけて作っていました。
きっと鋳物のおなべで作ったらおいしいだろうなあ、といつも思っていました。
その夢がかなって、とても嬉しいです。

大きなキャベツは、味が濃くてうまみがぎゅっと出てほんとうに美味しかったです。
これからも、このお鍋で、おいしいものをどんどん作ろうと思います。


2012年もあと4日。
寒い日が続きます。
今夜は水道管が凍結するから気をつけてって、テレビのニュースが言っています。

みなさま、
お疲れがでませんように。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-27 19:36 | Comments(0)

クリスマスプレゼント

 クリスマスに私は夫からおなべをもらいました。

オーブンにも入れられて、お料理が美味しくしあがる鋳物のおなべです。

取っ手の走るうさぎさんは、ムスメからのプレゼントです。
普通の取っ手から、このうさぎさんに変えることができて、とても可愛らしいと思いました。
うさぎの他に、かたつむりや、魚や、おんどりなんかがあって、どれもすてきでした。

c0137641_18545629.jpg

お尻がぷっくりとしてかわいいんです。

今日はずっとお料理や、お茶碗洗いをしながらこのお鍋をながめておりました。

明日キャベツとトリのスープを作ってみようと思っています。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-26 18:58 | Comments(0)

きのうの夜は。

 
c0137641_9294351.jpg


今夜のごはん。
ケーキはわたし、メインは夫の担当です。
ツィが夫が働く様子をじっと見守ります。


ケーキを作り終えたわたしは、大好きな「めぐり逢えたら」のDVDをみながらひとやすみ。


c0137641_9333015.jpg

元気になったツィが、ケーキも見守ります。



c0137641_9352317.jpg

きのうのごはんは、黒豚のソテーでした。

ツィのお父さんとお母さんの飼い主だった帯広に住むワタナベさんが、ツィのお見舞いにいらしてくださって、そのときにくださったものです。
ワタナベさんは酪農家ではありませんが、ご自分が召し上がるために子豚を飼っていらしたのです。
でもこの秋、大きくなったその子豚をお肉にしました。


「その豚はね、毎晩納屋で寝ていたんだけど、ある夕方入りなさい、って言ったら、ぶうぶうって何か私に言うんですよね。入りたくないっていってるの。その時にね、ああこんなふうに人間とコミュニケーションとれる動物、食べていいのかって思った。
かわいいんですよね、豚。
でも、帯広の牛屋さん(酪農家のことだと思う)に、かわいいから食べられなかった、なんて言ったらすごく申し訳ないから。だから食べることにしたんです」

「とさつ場に行くとき、いやがるってきいていたんですけど、でも迎えのトラックが1時間くらい遅れて。その間、新聞紙を刀にして振り回して遊ぶの好きだから、そうやって納屋で遊んで待っていたんです。だから、いやがらずに機嫌良くトラックに乗っていったの。それが、なんだかね。
だましたみたいで」



その豚です。
ワタナベさんにしていただいた、その話をしながら家族でいただきました。



ぶたの命をもらって、こうしてクリスマスをすごしました。
ありがとう。






c0137641_9481783.jpg

手前のちいさなのは、ヘザーとツィのケーキです。
ヘザーはいちご。ツィはキャロブ味。
いつもはこんなふうにしなかったのでしたが、ツィが一緒のクリスマスが嬉しかったから、ついつい奮発いたしました。





たくさんのありがとうを、みなさまに。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-25 09:51 | Comments(2)

メリークリスマス!

 河が凍るなか、ヘザーとツィといつものお散歩、神社コースを歩いてきました。

c0137641_11402016.jpg




c0137641_11405151.jpg

いつもわたしたちを、お守りくださってありがとうございます。



c0137641_1142564.jpg

ヘザーもツィも、この1ヶ月ほんとうにがんばりました。





c0137641_11443771.jpg

メリー クリスマス!
世界中のみんなに、たくさんのしあわせがありますように。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-24 11:46 | Comments(0)

昨日つくったもの

 ツィの発作があるときは、何か作業をするとツィがずっと追いかけてきて、そこでころんだり、階段から落ちたりするので、できるだけお茶の間にいるようにしていました。
ごはんを作らなくてはいけないときは、ツィのためにバスタオルを台所の床にしいて、そこでころんで動けなくなっても、寒くないようにしていました。

けれども、発作がおさまり、夫もいる昨日はいろいろ気になっていた作業ができました。


洗面所の物入れかくし、のカーテンを作りました。

c0137641_971522.jpg

このテーブルの下に、足湯用のバケツや、せっけんの買い置きなど、そのままおいてあったのです。

ずっと気になっていたので嬉しかったです。




c0137641_98294.jpg

すてきなリボンのプレゼントがきた!
我が家は今年、ツィの調子が悪かったので、ベーコンもシュトーレンも作ることができませんでした。
贈り物など何も用意していなかったのに、ツィのためにりんごまで。
ツリーの下にさっそく飾ると、急にクリスマス気分です。
ありがとうございました。


おとなりのハラフジ家には、今日から3日間、息子さんと娘さんのご家族がいらっしゃるそうです。
ご夫婦かわりばんこに、車をとめるための雪かきを、とても嬉しそうになさっています。
おまごさんは4人。

プレゼントはもう用意なさったのですか?

「ええ!とっくにね!」

いいなあ!


我が家は近所のスーパーマーケットの七面鳥が24日の朝に半額になるのを待っております。
売れてしまっていたときは第2案あり。

みなさまもよいクリスマスをおすごしくださいませ。








c0137641_9191152.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-12-23 09:17 | Comments(0)

父の工作

 先週の週末、旭川の両親の家に行きました。
母の荷物の整理など、私のできることをしようと思ったのです。
もっと前に行きたいと思っていたのでしたが、ツィの調子がかんばしくなかったので、いけずにおりました。持ってくる荷物などもあるかと、夫の運転で行くはずでしたが、夫はツィのそばにいてお留守番です。

母が気になっていた捜し物や、母のお顔を剃ったり、パーキンソン氏病友の会のクリスマスパーティにでかける母にお化粧をしたり!お洋服を選んだり!
なかなかこんな私でも両親の家では役に立ちます。

食事がうまくできなくなっても、頑張ってひとりで食べている母のために、父がこんなテーブルを作っていました。

c0137641_170741.jpg

車椅子と食卓テーブルの間におく木の板です。

c0137641_171532.jpg

裏はこんなふうになっていて、車椅子のひじかけにのせるだけで動かないようになっています。
いい考え!

c0137641_1721120.jpg

母はこのテーブルを使って、
大変そうだったけれども、たくさん食べておりました。

「ニスも塗ったんだぞ!」私がほめると嬉しそうな父。
父と母は、お年越しを我が家ですることになりました。
車椅子用の洗面台も、トイレも母が使うのをきっと待っていると思います。


お年越しは奮発して、母が好きなたらばがにの足も買おうと思います。


今年もあと11日だなんて信じられません。
みなさまもどうかよいお年をお迎えください。
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-20 17:06 | Comments(0)

ツィ、ずいぶんよくなりました。

ありがとうございました。

13日の夜11時10分から、一度も大きな発作がありません。
新しい抗てんかん薬がツィの体の中で働いてくれているのだと思います。
今日は、いつもの神社へ行く道、4分の3までお散歩へ行けました。
もしかしたら、神社まで行けたかもしれないけれど、帰りに疲れてしまってはかわいそうだから、途中で引き返しました。
こんな日が来るなんて夢みたいです。
手術をした日、どうかお誕生日を一緒にすごせますように!と強く祈ってそれがかなって、こうしてまたお散歩ができる日が来て、わたしはとても幸せです。

まだ安心できないのかもしれないが、ツィの回復をお祈りくださったみなさま、
心から、深く強くお礼を申し上げます。


c0137641_19202669.jpg

ツィの看病のために、キルトや毛布、布団が敷き詰められていた場所も撤去されました。
いまはこんなにすっからかんになっています。

よかったね、ツィ。










きのう、選挙がありました。
上のムスメにとっては、うまれてはじめての選挙でした。


結果をみて。
わたしは、辛かった。
元気がなくなるよう!

なぜなんでしょう。
わたしのまわりには、原発を動かしたほうがいいと思う、なんてことを言うひとは、ひとりもいませんのに。

軍隊を持ったほうがいいと思う、なんていうことを言うひとも、ひとりもいませんのに。
あのすばらしい憲法を変えたほうがいいと思う、なんていることを言うひとも、ひとりもいませんのに。

今朝きた新聞は、家族の誰も読む気になれなくて、しばらくテーブルの上に置かれたままでした。




でも私は、負けません。
いまこそ、うつくしいもの、考えのちがういろいろなひとをも大事におもう気持ち、家族を愛する心、たくさんの楽しいこと、愉快な話、美味しいたべもの、たとえば月明かりの道を歩くこと、ともだちとゆっくりくつろいで話すこと、星空をみあげて静かにものを思うこと、とれたての野菜や果物のかおり、朝の光の中で聴く音楽、静かに深く呼吸すること、とりたちや動物たちのようすをじっとみて可愛く思うことなんかを大切にしよう。
それらからうまれる生きる力が、私の武器です。

地震や津波で言葉につくせない思いをしたひとのことを私は忘れません。
原子力発電所の事故で、大切なふるさとを思い出のつまった家を捨てなければいけなかったひとのことを私は忘れません。
大切な家族の犬や猫、牛や馬たちを置き去りにしなくてはいけなかったひとたちと、何もわからないまま置き去りにされた可愛らしいいのちたちのことを私は忘れません。
それらのことを忘れないことが私の武器です。

戦争をしたい大きな力がわたしたちのところへやってきても
原子力発電所がまた稼動されても
わたしはそれらの武器で迎え撃つぞう!と思っています。







c0137641_19523043.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-12-17 19:53 | Comments(2)

レモンとツィ

 最近のツィです。

c0137641_18555885.jpg

身の置き所がないらしく、あちこち横になる場所を探して体を丸めるツィ。
ツィがうごくたびに毛布を持っていってかけていましたが、それもなかなか大変なので、わたしのフリースを着せました。
これは暖かいし、とてもいい!どう?ツィ、暖かいでしょ?
ちょうどいいおむつカバーもして安心です。

きのうは、発作が26時間ありませんでした。
肝硬変と診断されたツィは、いつも飲んでいたフェノバールという薬から肝臓に負担がかからない抗てんかん薬に飲み薬を変えました。
今はちょうどその過渡期なので、ちょっと気が抜けません。

いつも誰かが家にいるようにしています。

薬を変えてはじめのころのツィは、ちいさな発作がひっきりなしにあり、きっとほとんど眠っていなかったと思います。
けれども、最近は1時間近く続けて眠ることも多くなってきました。
おとついから、わたしたちのベッドでいつものように、夫と私と一緒に寝ています。
分断された眠りで、ツィはきっと疲れてると思う。


c0137641_1981994.jpg

ツィ以外の他のみんなも、ツィのことが心配でかなしくてちょっと疲れているかな。
アンジェリーナのモンブランでえいえいおー!です。



がんばれ、ツィ!

そんなふうにしていたら、おともだちがレモンを送ってくださいました。


c0137641_19123149.jpg

“ヘザーとツィの写真はいつも可愛いね”

テーブルにおいて、そばを通るたびにはっとするような香りを楽しんでいます。
レモンってこんな香りだったのだ、と思います。
ちゃんと眠れない日もあって、頭にもやがかかってるみたいな私たちに
がんばってるね、と言ってくれるようなトパアズいろの香りです。


ツィのことを、
遠く離れた場所からも祈って可愛く思ってくださっているみなさま、
そのお祈りくださる気持ちが全部届いて
ツィはどんどん元気になっていきます。
ありがとうございます。
こころからお礼を申し上げたいです。




c0137641_19184942.jpg


あたまいたいときとかあるけど、りんごたべたり、みかんたべたりしてるよ。
すきなものなんでもたべて、うれしくてまいにちがんばてます。
ありがとう!
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-14 19:22 | Comments(0)

ツリーのかざり

 我が家のクリスマスツリーの飾りをいくつか。

c0137641_9361612.jpg

上のムスメが生まれたときに、松江に住んでいる夫の叔母が送ってくれたタオル地の服がもう着られなくなったので、胸元のアップリケのところを飾りにしました。
かわいらしいし、タオル地の感触もよく、毎日のように着ていましたから、染みなどがついて、下のムスメにお下がりができなかった洋服のひとつです。
首のところについていたタグもつけたので、洋服のサイズが70だったこともわかります。
私はそのころミシンを持っていなかったので、手縫いでした。それにしても縫い目が粗く恥ずかしい。


c0137641_940994.jpg

打って変わって、このきれいなステッチをご覧くださいませ。
私の友人ナガコさんの義理のお母さまユキさんの手作り天使。
私のあこがれの人ユキさんは、なんでもすてきにお作りになります。
お裁縫も、お料理もなんでもお上手です。
そして何より、とっても美人!でいらっしゃいますの。


c0137641_9422789.jpg

これもムスメたちの洋服で作りました。
ムスメたちのいとこマホちゃんのお下がりのロンパースでした。
丈夫で着やすくとてもいい服でした。


c0137641_9441782.jpg

今はなつかしいフィルムケースで、ムスメが幼稚園で作って帰ってきました。
ネックレスにもなるように、ひもが長くついています。
工作をするためのいらない布や、箱、きれいな包装紙などムスメたちが幼いころ、全部捨てずにとってあったことを思い出します。


c0137641_1037373.jpg

これは私の妹が作ってくれたもの。
小学生のときだったか。もう大人になってからだったか。それにしてももう30年は前になります。
覚えていないのですが、縫い目もとてもきれいで、ツリーにかけるひもには透明のビーズが使われていて大事なかざりのひとつです。


c0137641_1040463.jpg

編み物もなんでもお上手なナカヤマユリさんが作ってくださったものです。
ふちのマットな金色のビーズがいいな、と毎年みるたびに思います。
ユリさんは、たくさんのすてきなものを手作りで我が家にくださいました。
そのどれもがきれいで丁寧なまるで職人の仕事のようなんです。


c0137641_1043840.jpg
c0137641_10424363.jpg

c0137641_10485352.jpg


クリスマスが近くなると、ムスメたちが帰りの幼稚園バスから誇らしげにこのようなツリーの飾りをもって降りてきます。
むくむくのスキーウエアを着て。
今も目に浮かぶ可愛らしくなつかしい光景です。



c0137641_10445665.jpg

こわれたアフリカのピアスと拾ったまつぼっくりで作りました。
象さんは、クリスマスとあまり関係がないけれど、私のお気に入りです。



c0137641_10462360.jpg

人形作家の石田百合さんが我が家にいらしてくださったときに、お教えくださったちいさなフェルトの長靴。一緒に作ってくださったのですが百合さんのと私のはほんとに雲泥の差でした。
芸術と趣味の間には深くて広い河がございます。


c0137641_10495396.jpg

小学校でムスメはクラリネットを吹いておりました。
それを思って買った木のオーナメントです。



c0137641_10512151.jpg

上のムスメが使って、下のムスメにお下がりしたので5年間一緒に幼稚園に通った、お弁当バッグについていたくまさんを、はずして飾りにしました。
まわりについている点々は、ミシンの縫い目跡です。



c0137641_105498.jpg

8月にウィーンのちいさな古いお店で上のムスメのお土産に買ってきました。
上のムスメは小学校のとき、トランペットを吹いていましたのです。



c0137641_1174276.jpg

下のムスメが作ったお月さま。
ひももついていないし、とても軽い紙粘土でできているのでこうして枝の上に置いても安定が悪いです。
けれどもなんだかとても大事なんです。



c0137641_1195098.jpg

クリスマスにいただいた底がかごのきんちゃくバッグです。
こわれやすい飾りを入れてしまっておいて、ツリーを飾るときに一緒にこうして飾ります。
取っ手のリボンの刺繍もうつくしいし、巾着の口の部分のリボンにまで“merry christmas!"ってとてもちいさく書いてあるんです。


c0137641_1113719.jpg

ツリーの一番上にいらっしゃるまつげの長い天使さんです。
手には豆電球のついたろうそくを持っていますが、この電球がついたことはいままで1回だけ。
うまくコードをつないでいつかまた灯りをつけてあげたいです。






クリスマスまであと3週間。
世界中のひとたちが、幸福でおだやかなクリスマスを迎えますように!
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-05 11:16 | Comments(0)