きれいなひかり

 ツィとずっと一緒に誰かがいたほうがいいので、ヘザツィと私は、おしっこの他は3人で家の中にずっとおります。

ちょっとお茶を飲もうと思ってもお菓子がないので、
様子をみながらケーキを焼きます。
グランマルニエをたくさん入れたチョコレートのシフォンケーキ。


ふくらみがそのままにしたいから、型のまま裏返して熱をとります。


発作のときのツィがいつもそうなように、
黒目がちでかわいいツィがいつもわたしを見上げている。


今日ツィのおむつを買いました。

ムスメたちは帰るときに
“何か買っていくものある?”と電話をくれます。

わたしとのお散歩では出ないツィのおしっこも、夫が一緒だとどんどん出る。

負けないぞ、って思っていたけれど
すべてを愛でくるんでやっていこう。

ケーキはさめたかな。
お茶をいれようと立ち上がったら
ツィとわたしたちのことを見守るようにおひさまの光がお茶の間にまっすぐ入ってきた!




c0137641_11275933.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-12-04 11:28 | Comments(0)

ツィ 12才

 ツィが12才になりました。

いままでのお誕生日とちがう、いろいろな気持ちの入った誕生日。

りんごもでっかく“世界一”。


c0137641_9552465.jpg




c0137641_9561182.jpg

たんじょうびおめでとう。ツィ。

毎年のおたんじょうびの歌、
♪たんじょうびおめでとう。ツィおめでとう。大きくなって天まで届け♪
っていうのが、少しかなしかったので
♪ハピバースデーツーユー♪をみんなで歌いました。


もう12才だから、ちゃんと椅子にすわります。





c0137641_1002798.jpg

嵐のうちわをみせてもらうツィ。



ツィ、いつもありがとう。
ツィがわたしたちにくれる大事なものは、かけがえがないよ。
いつまでもいっしょに暮らそうね。




お誕生日の日、夜11時にツィの発作がありました。
肝臓に負担のかかりにくい薬に変えたからだと思います。
またしばらく万年床で暮らします。

家族みんなが愛と力と知恵を出して
乗り切るぜ!イェイ!(ピースサイン)
[PR]
# by forest_garden | 2012-12-01 10:36 | Comments(4)

太陽の手紙

 ともだちから手紙が来て、それは太陽みたいでした。
何度も読んじゃった。
びんせんも太陽色。


c0137641_14445584.jpg




今朝のツィ。
こっちみて!ツィ!



c0137641_14453283.jpg






ツィ、おたんじょうびおめでとう!

c0137641_14471014.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-11-30 14:48 | Comments(2)

シナモンロール

 ツィもずいぶん調子がよくなってきたので、シナモンロールを作りました。

朝の番組で、ハワイのシナモンロールやさんのことを紹介していたので、急に食べたくなったんです。

ひとつひとつ作らずに、大きなリングにしてみました。
私はシナモンロールの生地を切って成型するとき、うまく切れなかったことが多かったので。


c0137641_15214376.jpg

朝、それぞれ好きなだけ切って、カフェオレといただきます。
なんだか日曜日の朝ご飯みたいです。


カフェオレもパンも美味しくてしあわせ。





今朝のツィ。

c0137641_15235623.jpg

今朝外に出ると、道路がつるつるで、ここで浅田真央ちゃんが3回転していてもおかしくないほどでした。
ヘザーもツィも、つるつるの上をがんばって歩きます。


c0137641_15253556.jpg

お母ちゃん、つるつるだね!



c0137641_1526922.jpg

ヘザーとツィはお散歩から帰ってきたら、おやつをもらえます。
今朝のおやつはレタス。


c0137641_15271375.jpg

レタスを押さえるツィの手がニワトリみたい!
ツィは、このみけんのぼんやりした黒まるがとくにかわいいことだなあ!
[PR]
# by forest_garden | 2012-11-29 15:27 | Comments(0)

おすし食べた?

最近我が家のムスメたちは気もそぞろ。
今週末、札幌ドームで嵐のコンサートがあるからです。
コンサートのDVDをみたり、新しいCDの曲を何度もきいて覚えたり、準備に余念がありません。


おとついは。

c0137641_19472579.jpg

こんなものを作っていました。

嵐のメンバーに女の子たちは、大きなうちわにお願いしたいことや気持ちをかいて、客席からみてもらうのです。
“手を振って!”とか
“ピースサインして!”とかきれいに書いて、嵐のひとたちが近くにきたらみせて
お願いしたことをしてもらいます。
嵐のひとたちも、こまめに答えて、うけこたえをよくなさいます。
私も一緒にDVDをみているから知っているんです。


「嵐のメンバーに何かして、っていうの申し訳ないと思うんだよね」

「だから、質問にしたの」


私はもう眠くて先に休みましたが、朝起きたらうちわはできあがっていました。
(おす食)は、上のムスメの部屋に、(しべた?)は、下のムスメの部屋に持って行って机の上に置いておきました。


学校でもまわりのともだちに、コンサートに行くことを話しているようです。
ムスメたちの幸せな週末まであと3日。
何万人もの女の子たちの胸のどきどきが札幌ドームにあふれるんだろうなあ。
風邪などひきませんように。





今日のツィ。
近くだけのお散歩から、今日は大きな通りを渡って少し遠くまで。
きれいに晴れた美しい日だったので、ツィのからだにおひさまの力をたくさん貯めたくて、ちょっとだけ遠出でした。
疲れなかったようで、ほっとしています。

c0137641_2005393.jpg

へーちゃんはいつものコースの散歩がとても嬉しかった。
へーちゃんもいろいろなこと我慢して、ツィと一緒にがんばっています。
ありがとうね。
へーちゃん。
[PR]
# by forest_garden | 2012-11-28 20:02 | Comments(0)

金の斧 銀の斧

 薪ストーブになって、うちにはふたつの斧とひとつのチェンソーがやってきました。

チェンソーで木を35センチくらいに切って、斧で割ります。
割った薪はそのままつかうものもあるし、最初のたき付けとしてもっと細く割るものもあります。


c0137641_1025041.jpg

うちに最初にきてくれた斧。
友人が、たきつけ作る用です、と薪割りのための大きな丸太と一緒にくださいました。
これ、ほんとにたき付け作るのにいいんです。
そして薪割り用の大きな丸太なんて、どこを探したって売ってないからとても助かりました。



c0137641_1031697.jpg

つぎに来たのがこの電動チェンソーです。
音がうるさいからって、あきらめていたけれど電動ならそんなに音がしません、ということだったので。
本当でした。
ちいさな山になっていた木が、あっというまにちいさな丸太になりました。
のこぎりよりらくちんらくちん、だそうです。



c0137641_10344636.jpg

最後に来たのが、丸太を薪にする斧。




c0137641_10361378.jpg

こんなふうに。



夫は薪割りには剣道やっていてよかった!と言っています。



c0137641_1037489.jpg

今朝のツィードです。
おしっこもうんちも、ちゃんとたっぷし出て、調子上向いております。
[PR]
# by forest_garden | 2012-11-27 10:38 | Comments(2)

ツィの手術

 ツィは10日の夜遅くに、手術をしました。
そのときのことをかきます。
ツィはもうだいぶ調子がよくなってきています。
ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。

ツィは9日、なんだか元気がなく寝てばかりいたので、夫に早く帰ってきてもらいました。
大のお父ちゃん子のツィですから、それが一番と思いました。
10日の朝はちょっと元気になって風邪だったのかな、なんて話していたのですが、お昼にお散歩に行くと、墨色の真っ黒なうんちをしました。
やっぱり病院に行こうということになって、夕方夫がツィを病院に連れていきました。

そしたら
電話がかかってきて
「これから手術だって。胃捻転かもしれないって。もうむずかしいかもしれないって」

頭がぼーっと痛くなって体中が硬くなって
夫の言葉がよくわかりません。

ちょうどいた下のムスメも夫の言葉をそのまま言うと泣きながら叫んでいます。

ツィが夫と病院へいったときのドアに消えた後ろ肢が最後だなんて絶対いやだ。
かわいい私のいのちツィに、そのまま会えなくなるなんて信じられません。

病院へいこう!とムスメと決めて、上のムスメに電話します。
おともだちと会っていたムスメもすぐタクシーで帰ってくる。そのタクシーに3人で乗って病院へいこうということになりました。
上のムスメを待つ間に、夫の匂いがついたタオルケットや、枕カバーをかばんにつめます。
今夜手術だったら、一晩病院ですごさなければいけないツィに安心する匂いがあればいいと思ったからです。


手術の間中そばにいたいと思ったのでしたが、お帰りになって家でお待ち下さい、ということでした。
わたしたちは、家族の誰かに大変なことがおこったときにいつもするように、
お茶の間に布団をしいて、みんなで一緒に手術が終わったという電話を待ちました。
家族が誰ひとり離れないように。

11時半ころ、病院から電話がかかってきて
胃捻転ではなかったこと、肝臓がもうちいさなぶどうの房みたいになっていて肝硬変の進んだ状態だったこと、明日の午前中きてください、話しをします、ということを伺いました。
何時間もかかった手術でした。
12年間てんかんの薬を飲んでいたツィの肝臓は、がんばってがんばって、ちいさなぶどうの房みたいになってしまったです。


つぎの日の朝、ツィにタオルケットをもっていって、肝臓の写真をみせていただきました。
胃はとてもきれいだったそうです。
その日、ツィは吐かなかったので夕方エリザベスカラーという傷口をなめないようにするプラスチックの大きなえりをつけて、右腕には、いつ点滴をしてもいいようにの針を入れて帰ってきました。

プラスチックの大きなえりをつけて、お腹に大きな縫い傷があるツィでしたが、また会えてとてもとても嬉しかった。
神様に心から感謝しました。
神様、ありがとうございました。


そして、ツィの肝臓もありがとう。
ツィの発作がおきないように、すべての力を出し切ってツィを守ってくれてありがとうございました。





c0137641_11433967.jpg



c0137641_11441684.jpg



c0137641_11444827.jpg



c0137641_1211976.jpg





c0137641_11453570.jpg

きのうのツィ。
おかあちゃん、あそんで!あそんで!




c0137641_11464723.jpg

今朝、おなかいっぱいで眠るツィ。


今、世界中の病気と闘っているちいさなこどもたちが全員!みんなが一日も早くよくなって
家へ戻り、家族みんなで笑って過ごす日が来ますように!




c0137641_11514219.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-11-26 11:52 | Comments(4)

表札を作りたい

 家の表札がまだありません。
以前の家についていた表札は、結婚式を挙げたときに出雲大社からいただいたもので、私の母が字を書いてくれました。思い出があるのですが、なんだか今の家には合わないような気がします。


いろいろじっと考えて算段をして、

c0137641_8563347.jpg

塀を作っていただいたときに出た廃材を大工さんに3本とめていただいたものと、
洗面台に穴をあけていただいたときに出た中の部分と、
ふたつの表札を作ろうと思っています。


両親が引っ越してきてからのものと、
その前のもの。


うまくいくといいな。





c0137641_90147.jpg

じゃがいもが美味しい季節です。
先日お泊まりにいらした友人ご夫婦のお土産じゃがいもで作ったジャーマンポテト。ベーコンから出た脂で、皮のままさっとゆでたお芋をじっくり炒め焼きしました。
日曜日の朝ご飯。
美味しかった!

札幌はなんだか雨ばかりです。
どうか、みなさまもお元気でおすごしくださいませ。
[PR]
# by forest_garden | 2012-11-07 09:01 | Comments(0)

こんなのいるかな 再び その3

 こんにちは!

こんなのいるかな です。


c0137641_16514018.jpg

カメラのついていないパソコンにつけて、スカイプなどができるカメラです。
くわしくは、わたくしわかりません。ごめん。



c0137641_16531083.jpg

ほんとに可愛い編み込みのカーディガン。
りんご畑の四季が編み込まれています。
ただ、ちょっと大きいサイズです。
ふだん13号とか15号とかお召しのかたにいいと思います。
男性が着ても、もしかしたら素敵かもしれません。
中には糸がひっかからないように、ちゃんと裏地がついています。
そでぐちにちょっとほつれがあります。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。


c0137641_2048324.jpg

エコワットです。
どのくらい電気を使ったか、金額がでます。


c0137641_2050826.jpg

プーさんのゆたんぽです。
普通のゆたんぽより、ちょっと小さいサイズです。



c0137641_20511221.jpg

銀メッキのお茶こし。
ウィリアムズ・ソノマで買いました。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。




とりにいらしていただける方、着払いでお送りできるかたに。
非公開コメントでご連絡ください。



今日はお天気で、おさんぽも気持ち良かったけれど、
夜になって、ぐんぐん気温が下がっています。
みなさまも、どうぞお元気でおすごしください。


c0137641_2055131.jpg

[PR]
# by forest_garden | 2012-10-26 20:55 | Comments(4)

こんなのいるかな 再び その2

 こんなのいるかな です。

c0137641_10223271.jpg

ほうろうの番号プレートです。
1と0と0。
たて10.5㌢、よこ6㌢。
未使用です。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。



c0137641_10263278.jpg

麻布でできたナプキンリングです。
5こしか写っていませんが、6こあります。
結び目の直径はだいたい4.5㌢です。



c0137641_10273154.jpg

綿の布に羊毛をフェルト化させてあるマフラーです。
ところどころにビーズなんかもとめつけてあります。
薄手の綿だけど、なかなか暖かく、もし模様がお気に召せば、これからの季節重宝すること請け合いです。
たて95㌢。よこ20㌢。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。



c0137641_10305455.jpg

木製の写真飾りホルダーです。
ちょうちょがピンチのようになっていて、写真などをとめることができます。
お花の上には丸いひもがついていて、壁にかけることができます。
長さ74㌢です。



c0137641_10333434.jpg

LL.Beanの子供用ぼうし。
我が家のムスメが幼稚園の雪中遠足(そういうのがあるのです)のときに、かぶりました。
フリースでできています。
小学生でも大丈夫と思います。

c0137641_1035657.jpg

お花の妖精たちは、わたしが作ってつけました。
みんな可愛い顔をしています。
長さ 68㌢。
動くとてっぺんについた鈴がなります。
そりで小山のうえからすべってくると、りんりんと可愛い音がしました。



c0137641_10375380.jpg

オニールのサングラス。
UV加工がしてあります。
フレームはプラスチックです。マトリックスのキアヌ・リーブスがしていたのみたいなかたちです。

c0137641_10392991.jpg





こんなのいるかな、もしご希望の物がおありでしたら、我が家へとりにいらっしゃれるかたか、着払いでも大丈夫というかたに差し上げたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-19 10:40 | Comments(2)

ゾーヴァツィ。

c0137641_851031.jpg


 これは、ゾーヴァツィです。
ゾーヴァの絵に出てくる子たちみたいな目をしています。
どうしたらツィは、ゾーヴァツィになったのか?


それは。
c0137641_875985.jpg

今回、わたしたちは家が新しくなって買った家具がひとつありました。
ソファです。
買って20年たって、もうばねも、上にかぶせてある布ものびたり穴があいたりしていましたから、もうさようならをするのは仕方がなかったのでした。


その新しいソファに。
ツィが。
おしっこをしてしまったんでした。

夫が出張で東京に行ってしまったから寂しくて。



ツィ、お父ちゃんにメールで知らせるよ、ツィがお父ちゃんの新しいソファにおしっこしたって言うよ。
ソファの上をきれいにふいて、外に濡れたクッションを干したあとに、私が携帯電話を持ちながらツィに宣言したあとの顔。
それが、ゾーヴァツィです。










c0137641_8212150.jpg

でも、今は何事もなかったかのように、とっても堂々とソファを独り占めしております。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-17 08:13 | Comments(2)

こんなのいるかな 再び

こんなのいるかな です。
送料着払いか、とりにいらしてくださるかたに。
ご希望の方は、非公開コメントでお知らせください。
同じものをご希望のかたがいらしたときは、先に連絡を下さったかたに差し上げたいと思います。

c0137641_10375630.jpg

布をはいだものです。
一番上に突っ張り棒のポールが入れられます。
ミシンの調子が悪く、腕も悪いので、ちょっとほつれがありますけれど、

c0137641_10395292.jpg

この部分が自慢です。
きれいなビーズのついた花柄のテープが縫い止められているんです。

たて 1メートル45センチ。
よこ 78センチ。


ありがとうございました。もらい手がみつかりました。



c0137641_10433774.jpg

ローラ・アシュレイのハート型の飾りです。



c0137641_10443164.jpg

ル・クルーゼのシリコンのケーキ型。
ふたつあります。ゼリーを作ったり、氷を作ったりもできます。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。


c0137641_10454866.jpg

アメリカ製、アンカーフッキングの耐熱硝子。
電子レンジにも入れられます。


c0137641_10473316.jpg

北海道民芸家具製、テーブルの脚のみ、です。
道産の桜でできています。
長さは60センチ。

c0137641_10484174.jpg

取り付けようのねじがついています。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。



c0137641_10491478.jpg

デュラレックスのちいさなボウルです。
細かな傷があります。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。



c0137641_10582711.jpg

かわいいマフラー。
ラムウール100%です。
105センチ×25センチ。
スコットランド製。

ありがとうございました。もらい手がみつかりました。


c0137641_10584746.jpg

犬の引き綱。未使用です。
とても丈夫です。太くて短いタイプ。
全長66センチ。
綱の直径1.8センチあります。




あと、写真はないけれど、さらし布10メートルがあります。
ありがとうございました。もらい手がみつかりました。




こんなのいるかな。
また引っ越し荷物の整理の合間にのせたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-16 10:53 | Comments(2)

ストーブの練習

 昨日、ストーブ屋さんがいらして、ストーブをたく練習をしました。

「まず新しいストーブは、3回慣らし焚きをします。急にどんどん焚くと割れてしまうことがあるからです」

c0137641_13402814.jpg


ストーブ屋さんは、たき付けと、薪持参です。
「まず、たき付けをストーブの中に井桁に組んでおきます。こんなふうに」

c0137641_13422367.jpg


c0137641_13425232.jpg




「その上に大きな薪を2本置きます」
c0137641_13432065.jpg






「そして火をつけます。最初の火入れですから、ご主人どうぞ!」と言われて、夫はちいさなビニール袋に入ったラードみたいなものを、火ばさみでつかんでライターで火をつけます。
c0137641_13443245.jpg




火がつきました!
c0137641_1346579.jpg






c0137641_13473945.jpg

どんどん燃えてきた!


「今回は、このまま燃やし尽くしてそのまま自然に冷やします。この慣らしを3回します。本格的にたくまでに、あと2回これをしてください」


「薪がもったいないと空気をしぼったり、しめった薪を焚いていると、煙突の中に可燃性のタールのようなものがたまります。
これが急に発火して、煙突を逆流し、煙突から火が出て大変なことになったことがありました。僕が駆けつけたときには、消防車が7台もきていました」

えー。こわいです。


「大丈夫。練習が必要ですが、必ず上手に焚けるようになります。携帯の電話番号をおいておきます。わからないことがあったり、困ったりしたら、いつでも電話を下さい」

お医者さんみたいです。


あと、必要なものはありますか?


「火ばさみ、厚い皮の手袋、灰を入れるふたつきのバケツ、それだけあればまずは大丈夫」
灰を入れるバケツは、パスタをゆでるために使っていたほうろうの入れ物を使うことになっています。

「あとは、斧、もし自分で薪を調達するんならチェンソーかな」


チェンソー!だってうるさいでしょう?


「電動のものを、札幌市内のかたにはおすすめしています。力もあるし、ずいぶん静かです」


たくさんの丸太を北大からもらってきた夫はチェンソーをほしがっていました。
でもうるさいからとあきらめて、のこぎりで切ろうと覚悟を決めていました。
でも、電動ならうるさくないなんて。
どきどき。
チェンソー、うちにくるのかな。





c0137641_13574225.jpg

ゆうべの晩ご飯は、火をながめながらの晩ご飯でした。
まだまだ開けていない段ボールが積んである中でだったけど美味しかったです。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-15 15:00 | Comments(6)

香港干し

 北海道では冬、洗濯物を外に干せないので、家の中に干します。
前の家では、お茶の間しか暖かくありませんでしたので、冬は天井周りがぐるっと洗濯物干し場になっていました。
新しい家では、吹き抜けと薪ストーブ先輩の友人のアドバイスにより(!)吹き抜けの上に物干し竿が2本取り付けられるようにフックをつけてもらえました。嬉しかった。

でも、フックのサイズが違っていたので、合っているものが届くまで今物干し竿は2階の床の端に2本並んで横たわっています。

それでもお洗濯物は毎日出ますので、私は旅行用のマジックテープとゴムでできた洗濯ロープに、洗濯物を干しています。


これ、とてもおすすめの洗濯ロープです。ちょっと高かったけど、旅行先でも、新琴似でも、今も、とても重宝しています。




c0137641_64312.jpg

香港みたいに、ロープを渡して干すので、香港干し。





c0137641_643858.jpg

倉庫にお預けしている間に、すっかりカビが生えてしまった夫のズボンたちも。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-14 05:59 | Comments(0)

あたり棒

 先日、生まれてはじめてガリガリ君の当たりが出ました!

c0137641_22221888.jpg


嬉しかったです。

ガリガリ君リッチとは換えられないそうです。
換えてあげればいいのにね。


当たり棒は、かわかして大切に筆箱にしまってあります。
もう一本当たったら、取り換えるけど、1本のうちはとっておきます。
時々見たり、お友達に見せて自慢したりしたいんです。








c0137641_22255917.jpg



まだぶどうのいい匂いがしているのだ。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-13 22:22 | Comments(0)

薪が来た!

 村上春樹のところに、また今年も脳減る賞がやってきませんでしたが、我が家には、たのんでおいた薪がやってきました。

どこに並べますか?ときかれて、私は真新しい薪置き場にご案内いたします。


c0137641_209255.jpg


てきぱき。てきぱき。
全部の薪が35センチに切ってあります。

「手前がナラとイタヤの薪。後ろがミックス薪です」

わかりました。

ミックス薪は、シラカバ、キハダ、桜、アカシアです。
ナラとイタヤの薪より、ちょっとお安いのです。


ナラの薪は、薪界のロールスロイス。longtailちゃん、持ちがいいか?とのことでしたが、
情報源のカオリさんに伺いましたら「ものすごく持ちがいい」とのことです。


明日、ストーブ会社のかたがいらして、ストーブの炊き方、メンテナンスの仕方などを教えてくださることになっています。
今は、ストーブの上がテレビのリモコン置きになっていますから、片付けなくては。


みなさま、どうぞ薪の火をじっとみつめにいらしてくださいませ。
お待ちしております。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-12 20:12 | Comments(2)

引っ越しが終わって、片付け中です。

 先週末、ぎっくり腰にもならず無事に引っ越しが終わりました。

でもまだ段ボール箱に囲まれて起き、段ボール箱に囲まれてごはんを食べ、段ボール箱に囲まれて眠っております。


そんな中、とうとう下のムスメ念願の、アメリトイレが完成いたしました!


じゃじゃじゃじゃ〜ん!

c0137641_19132385.jpg



どこがアメリかというと、
ここです。

c0137641_19141145.jpg

このゾーヴァの絵はがきが並んで飾ってあるところ。
“注意事項”のシールが、ちょっとアメリさに欠けております。




c0137641_19151076.jpg

友人のケイコさんにいただいた、ブラケットライトたち。
クロスやさんも、いらしたお友だちもみんな素敵ね!とおほめくださいます。
ケイコさん、ほんとうにありがとうございました。


おとついから、食事をつくりはじめ、今朝から家族にお弁当を作って送り出すことができるようになりました。
早く荷物を解いて、普通の生活に戻ろうと思います。





みなさま、アメリトイレを、お使いになりにぜひお越しくださいませ。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-11 19:18 | Comments(2)

家ができあがりました。

 
c0137641_847967.jpg





父の病気がわかって、急に家をリフォームすることになり、半年あまり。

長かったような、短かったような不思議な気持ちです。


引っ越しは明日です。

ぎっくり腰に気をつけて、がんばります。




定山渓の紅葉は週末が見頃とか。
みなさまも、よい連休をおすごしくださいませ。
[PR]
# by forest_garden | 2012-10-05 08:50 | Comments(8)

ソラチャン

 このこの名前は、ソラ。

江別に住んでいます。

このあいだ、会いに行って一緒にお散歩に行ったのですが、
私は、かわいいソラちゃんの、かわいいちっぽけなうんちに驚きました。

いつも、ヘザーとツィのうんちばかり見ていたから。



ソラちゃんのかわいいポーズ。

c0137641_7105885.jpg

ソラちゃんは、いつもこうして外を見ています。



c0137641_7115580.jpg

なあに?


ソラちゃん、いつまでもげんきでね。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-30 07:12 | Comments(0)

こねこもらい箱

 お友だちがとうもろこしをたくさんお送りくださったこの箱をわたしたちは、
こねこもらい箱と呼んでいます。


c0137641_15382440.jpg

ふたをしても中がみえて、空気も通るし、
こねこをもらいに行くときにぴったりです。




中を見てみましょう。

c0137641_15402248.jpg

あ!こねこがいる!




c0137641_15405823.jpg

このこの名前は、ムッチー。
下のムスメの飼い猫です。



こねこをもらう予定のあるかた、
こねこもらい箱、先着1名に差し上げます。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-29 15:35 | Comments(2)

ぎゅっと!

 
c0137641_1022135.jpg

私は昨日、硝子できたおはじきを。


c0137641_10234941.jpg

ぎゅっと!まだ乾いていないコンクリートの上に押してきました。


c0137641_10253365.jpg

わたしたちの家の玄関は、道路からとても近く、
車椅子の母が通りやすいように、スロープが玄関に続いています。
昨日、そこにおはじきを埋め込む作業をさせていただいたのです。

まず、左官屋さんが下地を作ってくださいます。
左官屋さんが乗っても軽々の足場板が、私がのるとすごくたわんで、不安です。




c0137641_10281871.jpg

棟梁も、設備やさんも、照明やさんも、みんな外に出ていらして、
わたしが、足場板をたわませておはじきを埋め込むのを眺めていらっしゃいます。
「いやいや、奥さんのセンス問われるもね!」
「なかなかいいんでないかい」
「いや〜、凝ってるもね!」
緊張いたします。



c0137641_1029761.jpg

大事だったけれど、割れてしまったご飯茶碗のかけら、
沖縄へ行ったとき、おみやげものやさんでおまけにいただいた魚の箸置き、
バリ島で買ってきたカエルの金属でできた板、ハート型にけずられた石。
思い出も一緒に埋め込みました。


c0137641_10293693.jpg

おともだちにいただいた、古いウォールライト。
うれしい。
夜になったら、このライトがきっと、おはじきたちを、きらきらさせてくれると思います。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-28 10:24 | Comments(0)

南部ハナマガリ鮭プロジェクト

 古い友人のナガノくんがイラストを描いている手染めのてぬぐいが我が家へやってきました。

この手ぬぐいは、岩手県大槌町の中学生の部活を応援する南部ハナマガリ鮭Tシャツプロジェクトで、販売されているものです。

このプロジェクトは、東日本大震災のあと、2011年の9月からはじまりました。
震災のあと、多くの家庭が被災によって、経済的に苦しくなり本来は家庭で負担する中学生の部活動費が足りないということからはじまりました。
岩手県の県魚で、大槌町の魚でもある“南部ハナマガリ鮭”をモチーフにしたTシャツ、タオル、トートバッグを製作販売し、その利益を大槌町の中学校に直接届けています。
2012年1月には、120万円もの支援金を届けることができ、部活動の備品を購入したり、運動部の遠征費として使われています。
最初はTシャツだけでしたが、タオルやバッグ、そしてこの手ぬぐいまで増えました。
今、手ぬぐい以外はもう生産していないようです。

大槌町の中学生が「当たり前の中学生活」を送るために、はじまったこのプロジェクトも今月末で終わる予定です。
事務や送付に力を出すひとたちがボランティアで、すべてなさっているので、1年間の期間限定ではじめたプロジェクトでした。



c0137641_19371934.jpg

これが 風ニモマケズ 南部ハナマガリ鮭注染てぬぐい です。
注染という昔ながらの手染めの手ぬぐいです。京都の工場で職人さんの手作りで作られました。
とてもきれいな色です。


c0137641_19494463.jpg

ー以下はナガノくんの説明文から抜粋ーくじらが吹き出している大きな汐の形が“3”で、その周りに飛んだしぶきの数が“11”で、3月11日を表しました。


空に浮かぶ月と太陽は陰と陽を表します。
c0137641_19562228.jpg


c0137641_1956479.jpg

曇る日もあれば、照る日もあるということです。
男と女がいれば大丈夫、というような感じもあります。


c0137641_19582712.jpg

南部ハナマガリ鮭が持っている大きな槌は、もちろん“大槌町”を表しています。

波を描くのはちょっと迷ったのですが、歴史的にも海とは切っても切り離せない町だし、観光地も海岸や島などの海関連だし、特産物も海産物ですよね。
ここはどーんといったれー、と海の表現に思い切り凝りました。


ちなみに、僕のサインが入っているひょうたんは、ひょっこりひょうたん島のモデルになった大槌町の蓬莱島(ほうらいじま)をイメージしています。ー長野 亮之介


c0137641_2052148.jpg











今月いっぱいで、このプロジェクトは終了します。
この手ぬぐいは、1枚1000円です。送料はてぬぐい3枚まで80円。
てぬぐい1枚で300円が大槌町の中学生に贈られます。
もしよろしかったら。


<南部ハナマガリ鮭Tシャツプロジェクト>
長野市緑町1714−5
長野市ふれあい福祉センター内
長野市災害ボランティア委員会

e-mail nanbusaket@gmail.com

南部ハナマガリ鮭プロジェクト←クリックしてください。プロジェクトのブログへ行けます。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-27 19:25 | Comments(4)

首相になってほしいのは。

 誰かなあ、とつらつら考えてみると、私はやっぱり


c0137641_14565644.jpg


ガンダルフです。

ガンダルフの国籍は日本じゃないけれど。

自分のことを何よりも後で考え、
自然から学び、古い知恵を尊び、
考えや歴史の違うことをも、大事にし、
未熟なものの間違いを許し、その失敗を回復する力を持ち、若いものたちの育ちを見守る。
愉快なことと、普通の生活を愛し、
笑顔が素敵で、
なによりも
他のひとに左右されない。
心から信頼できる友だちと部下がいる。

これ以上ないというほどの暗闇も経験して

でも怖れず、

一番大事なところをいつもみつめている。


でも、ガンダルフは、戦いも怖れません。
指輪物語では、悪しき心、妬みの心や、権力や物への執着の心をサウロンという偶像にして、
それと力の限りに闘う場面があります。
私は戦争には反対です。

本当に賢く、自分のことを一番後回しにして、高い理想を持った人、真の平和を成し遂げる人に
政治家になってほしい。


日本もいつか、そうなりますように。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-26 15:09 | Comments(0)

わたしの足

 うまれたときから大根足の大足で、きれいな足の女の子をみるとうっとり!と眺める人生でした。

東京にフランソワ・トリュフォーがいらしたときに、上映会のあとの質問の時間、はい!と手をあげて緊張で足をがくがくさせながら
どうしていつも女の人の足をアップでずっと写されますか?と伺いました。
そしたら、
「きれいだからです。あなたはそう思いませんか?」と優しい笑顔で答えられました。

思います、と言って座ったけれど、なんて馬鹿な質問!とそのあとずいぶん自分を責めたものです。
トリュフォーに何でも質問できるっていうときに、もっと違う質問があるでしょう!ねえ?


ヘザーが年をとって、足に新しい骨ができてきて痛そうにしているのをみて、かなしい気持ちでいましたが、実は私もヘザーと同じ、としをとって足の形が違ってきていることに先週気がつきました。



c0137641_1075210.jpg

最近、足のサイズが変わって大きくなったなあ、と思っていたのですが、それは大きくなったのではなく、足が変形していたからだったのです。
おさんぽのときも、お買い物のときも、いつも重宝していたクロックス。
底が薄くなって、砂利道をあるくと痛い。そのかわりにと、
先日リサイクルやさんのバーゲンで250円で買った靴が、サイズは十分なのに痛くてはけませんでした。
大きさはゆったりしているのに、親指のわきの骨が飛び出てきている。




c0137641_10125444.jpg

ヘザーがいつも飲んでいるサプリメント。
ヘザーはこれがとてもよくきくようで、前足をなめることがほとんどなくなりました。
私もヘザーと一緒にこれを飲もうと思います。

ヘザーが使いそうもない化粧品のサンプルがいつもついてきていました。
へーちゃん、これちょうだいね、いい?と断って使っていたけれど、今度からは堂々と。





c0137641_10191531.jpg

先月夫の出張についていったとき、ガラパーティがあるときいて
そのために用意したピンヒールのパーティシューズです。

私にとって最初で最後のピンヒールでした。

ムスメたちもはけるようにと、ちょっと可愛らしいデザインを選んでおいてよかった。

不格好な足だけれど、おさんぽや山登り、クロスカントリースキーにまだまだ活躍してほしい。
私をどこへでもつれていってくれる足を、
大事に使って、可愛がって大切にしていこうと思います。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-25 10:23 | Comments(0)

ハルフウェイ

 映画ハルフウェイのロケ地が新琴似からそう遠くないところにある、ということで、夫と下のムスメ、ヘザツィと行ってまいりました。

よく晴れた日曜日です。

c0137641_1427363.jpg

茨戸川の川岸。
ここを北野きいちゃんが、ぷんぷん怒りながら歩きました。


c0137641_14132764.jpg

岡田将生君に「僕とつきあいませんか」と言われたお返事に、きいちゃんが「そんなこと急に言われても」と答えて、自転車で降りて行った土手。
こうやって降りていったんだよねー、とそのまま駆け下りるムスメ。



c0137641_1418927.jpg

野原には、野菊が咲いていました。


ハルフウェイ、高校生のあの生々しいけれど、きれいで遠い日々を思い出します。
まだご覧になっていないかたは、いかがでしょう。
映画の中の季節は、ちょうどこれからと一緒です。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-25 03:07 | Comments(2)

古い木

 今回、車椅子の母のための洗面所の他は、古い木でできた机に穴をあけていただいて、洗面器を埋め込み、洗面台を作ります。


c0137641_2344959.jpg

1階、夫と私が主に使う洗面台。
病院や学校で使う実験用の流し台を埋め込む予定です。
この机は前、台所にあって配膳台でした。


c0137641_236035.jpg

ムスメたちが使う小さな洗面台。
これはたぶん100年以上前の古い机です。
上板は7センチくらいの厚さがあります。
これは前、シュレッダー置きでした。

最初施工やさんに見積もっていただいたふたつの穴開け代金は、ひとつ45000円、ふたつでなんと9万円というものでした。
それはちょっとわたしたちには高すぎます。
夫と私は、いろいろ調べて、お電話などで問い合わせて、
ちょっと遠いけれど(でも我が家から車で30分)ひとつ1500円、ふたつで3000円で穴をあけてくださるお店をみつけました。
ありがたかったです。
施工やさんが出してくださった金額と比べるとほとんどただみたいなお値段でした。
「また何かあったら、いつでも!」と元気に送り出してくださって、
そうします!ありがとうございました。

c0137641_2395485.jpg

古いフランスの木でできた飾り。
葉っぱの中に右がたいまつ、左のが矢立。


c0137641_2312214.jpg

ちいさな洗面器を埋め込んだところ。
あともうひとつ小さな穴をあけて蛇口や排水管をつけます。



c0137641_23141622.jpg

フランスの木の飾りは、2階の本棚の前の柵につきました。
大工さんがどるるるるるる、とドリルで穴をあけて取り付けてくださいました。



もちろんのことですが、改築中のわたしたちの家は全部新しい木や壁紙でできています。
でも、こんなふうに古いものがあると、ああ、やっぱりこんなに新しくてもわたしたちの家なんだ、という気分になれてとても落ち着くし、嬉しいです。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-24 01:13 | Comments(2)

薪運び

 北海道大学の構内で伐採された木をいりませんか?と大学のホームページで知って申し込んだら、どうぞ!と当選しました。
実はこれで2回目。

1回目は、ポプラとか、松だったのですが、
今回は。


c0137641_17524260.jpg

なんだか重いぞ!
1回目の時と全然ちがう!

これは薪界のロールスロイスといわれる広葉樹の丸太です!



c0137641_17545077.jpg

重い!
でも嬉しい!と思いながら、車に積み込みます。


わたしたちの他にも、時間を決めてもらいにくるかたがたが、何台も車をならべてやってきました。
広葉樹の薪1りゅうべ(という単位、1メートル×1メートル×1メートル)で2万円くらいもするんです。
夫は、チェーンソーいいなあ、あればなあ、うるさいかなあ、だめかなあ、とジェーソンみたいなことをいいながら帰宅いたしました。
だめだめ、チェーンソー使えるのは森の中だけ。


木たち、ありがとう。


大事に炊くからね。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-23 17:56 | Comments(2)

秋の気配

 とうとう安春川にも秋がやってきました。
c0137641_22203773.jpg



c0137641_22211540.jpg


c0137641_2222583.jpg



c0137641_2222446.jpg

電線の中のばらいろの雲。






近所に“安春川”という居酒屋さんをみつけました。
c0137641_22232536.jpg

上から6番目。


急に涼しくなりましたね。
みなさま、お風邪など召しませんように。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-22 22:25 | Comments(0)

久しぶりの街行き。

 用事があって、今日は街へ行きました。
新琴似から街へ行くには、電車に乗っていきます。
駅にはいっこく堂に似た男の子と、アンジェラアキに似た女の子の駅員さんがいます。
ふたりともとても感じがいいんです。
今日はお年寄りのJRの旅の相談にのっていました。

c0137641_22334547.jpg


電車は20分に1本。
1本のがすと、待つ時間が長いです。
ホームとホームの間には、風が吹いている。


c0137641_22373336.jpg

電車の窓を開ける金具は、昔ふう。親指でこの平らなレバーを押しながら(もちろん両手で同時に)腕の力でぐっと引き上げます。


c0137641_22442427.jpg

こんな日よけもなつかしいです。


c0137641_22445736.jpg

ここに木のたいらなおさじで食べるカップ入りのアイスクリームを置いたりしてね。


c0137641_22465145.jpg

札幌の駅前についたら、五番館、いいえ、西武があったところが、更地になっていました。
西武は、ツタがからんだ、きれいな煉瓦の建物だったのに。
西武の前にあった五番館は、大理石の大きな柱がたつ吹き抜けがある古いデパートでした。
どうして五番館っていうかっていうと、電話が札幌で5番目についたデパートだったからです。
わたしの祖母は、街へお買い物に出ると五番館の地下で沖縄まんじゅうという黒糖生地のおまんじゅうを買って帰るのがきまりでした。ふかしたてを包んでもらうと、おまんじゅうの皮がはがれて、五番館のカトレア模様の包装紙にくっついていたりしてね。

c0137641_22532833.jpg

今日私は大丸デパートの地下で、おいしそうなかれいを買って帰りました。
お煮付けにするつもりです。
夫と下のムスメはお魚を食べるのがとても上手です。
ムスメには教えていないのに。不思議です。




c0137641_22525086.jpg

用事が終わって帰るときに飛行機雲がぐんぐん伸びていくのが見えました。



街には人がたくさんいて、にぎやかできれいでしたが、ちょっと疲れました。
おでかけから帰ってきたら、ヘザーとツィはあれ、帰ってきたの?というふうに出てきました。
二人もだんだんこの家に慣れてきたのだと思います。





c0137641_22571821.jpg

慣れてきたけれども、女の子のサッカー、ドイツに負けてちょっとがっくし、のヘザーです。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-04 22:58 | Comments(2)

新しいドア

 昨日大工さんとの打合せに行きましたら、玄関に新しいドアがついていました。

今は、断熱性も高く雨や風に丈夫で、でもまるで木にしかみえないようないいドアがあるんです。
でもよくみると、やっぱり木じゃないね。そうだね。

木のドアや窓枠は、あこがれでした。
でも我が家にはとても手が届くお値段ではなかったので、あきらめておりました。


そうしたら。
古い友人が、人づてに改築のことをきいて、お祝いにプレゼントするよ、とおっしゃって下さったのです。
我が家にいらしたかたに、とても人気のお茶の間の大きなテーブルは、その友人の会社で作られたものです。

えー、嬉しいけれど、申し訳ない。
そうだよね。
本当にご無沙汰ばかりだったし。


でも、夢がかなううれしさに負けて、お言葉に甘えることにして、希望をお伝えしとうとうドアができあがりました。


c0137641_6494459.jpg

厚さが6センチもある大きなドアです。
開けるときに、重くてちょっと力がいります。

ドアの右側に出ている配線には、やはり友人がくださった、古いほうろうのウォールライトがつく予定です。
なんだかね、こんなふうなサイディングではなく、煉瓦とか石造りのおうちに合うようなドアとライトなんです。

ドアノブはわたしたちの希望で、真鍮にしてくださいました。
ドアノブ私たちが買います、と申し上げたら、今はお父さんと同じ会社で働いている娘さんが
「代表取締役がすべてご希望通りにお作りするように、と申しておりますので、結構でございます」とにこにこしながら。

ありがとうございました。
イイダさん。
ナオちゃん。


最高のドアです。



これで、わたしたちの友人の中で一番のっぽさんのクリスさんも、頭をかがめずに
お入りになれます。
その日が来るのが楽しみです。
[PR]
# by forest_garden | 2012-09-02 06:44 | Comments(0)